p a c a p a k o t o p a r i s

ぱ り で か く れ ん ぼ

べつの時間の感じかた

なぜかいつも夜になって時間が足りないけれど、そういう時間の感じかたとはべつの感じかたをしたいなあ。

 

 

 

 

* * *

 

今週のお題「眠れないときにすること」

 

子どもの頃から眠るのが下手だったから

眠れない時にすることはもうわかっていて

起きていることだった

 

眠れないというのはとても辛いことだった

夜になるのがこわかった

 

 

 

* * *

 

さて、秋も冬も、睡眠をしっかりとるようにきをつけよう。

 

 

肌の調子がおかしくて、アレルギーのような感じ。

ひょっとしたらあせも、なのかもしれない。

 

おだいじにどうぞ。

 

 

 

かけてもきれいなお月さま

満ち満ちてのちかけはじめた月が夜空にきれいにみえた。

 

1939年の映画『人生はわれらのもの』をみて、映画ってやっぱりいいものだなとおもった。フランス共産党プロパガンダ映画で、なかなかびっくりするような言葉が飛びかう。ルノワールやベッケルがつくったとか。出演者の目の輝きをじっとみつめた。

 

今年から見そびれている名作を意識してたくさんみたいとおもっている。DVDも本と同様に、おもった以上にどんどん手に入らなくなってゆくのを痛感。

 

痛感するほどに、いずれ自分の方法で、つまりはハスミンたちからは遠くはなれて、学生たちにもっと映画のすばらしさを伝えたい、そんなことを、わりと積極的におもうようになってきた。

 

体調はまあいまいちだけれど、あわてない、あわてない。

 

秋分の日。

秋らしさを感じつつ、今日は33度まであがった。

 

 

 

 

 

 

 

りゅねっとさん 👓

さいきん、メガネを新調した。

朝起きてからすぐにつけるコンタクトを夕方あるいは帰宅後の夜にはずしてはじめるめがね時間は、けっこう長い。毎晩毎晩鼻のつけ根の両サイドにできる色素沈着のことは、もうあきらめていたのだけれど、いつもいろんなものを見つけてくるポコさんが、変わっためがねをみつけたよと話してくれた。

 

なんでもそれは鼻パッドがないめがねで、三年前くらいに誕生したものらしい。

色素沈着のことはもうあきらめていた、とはいっても、さいきんの術後の頭痛とあいまってめがねのパッド(とその痕)がますます気になっていたところだったので、おもいきって調べて、すぐに買いに出かけた。

 

今はそのめがねをかけている。選んでみたのは、頬骨あたりにパッドが耳側から伸びていて、それでささえて鼻のうえにレンズが浮かぶタイプのもの。なんだか、マジックみたいでおもしろい。

 

まだなれていないけれど、これでしばらくすごしてみる。

 

月がどんどん満ちてゆく。明日が中秋の名月だとか。

視力がわるいと月の大きさがよくわからない。異様に大きく見えて眼を細めると、異様にちいさく見えてしまう。

 

月は lune 

めがねはちいさな lune がふたつならんで lunettes

 

りゅねっとさん

かわいらしい

 

なんとかよろしく

マジック・リュネットさん

 

 

 

韃靼人のおどり

今朝は土砂降りの雨音がすこし弱まったところで洪水警報がながれた。

夕方まえには雨は落ちついた。

 

ぎりぎりで後期の授業のあれこれを整える。

ぎりぎりといったがもう授業は先週からはじまっている。

 

早く寝るのがむずかしい、となりがちだけれど、

秋から冬にかけて、また睡眠をちゃんと取るように気をつけよう。

 

眼がいつもちゃんとあかなくて、とくに右側が半分閉じているようなのがとてもいやなのだけれど、これからどんどん、右側からもっと、よわっていくんだなあ、とおもいながら鏡をみた夜。

 

そういえばわたしは高校生になるまで自分の顔を鏡でみることがほとんどできない人だったんだったんだったった。

 

 

 

鼻洞窟は額へつづく

f:id:pariqua:20210918012622j:plain

これはある日のニースの海

 

 

寝に行くまえに部屋の本棚を眺めると気持が落ちつくことに気がついた。

 

夜のレコはやめようとおもってせめて24時には作業を終えようとおもっていたけれど、気づいたらとっくにそんな時間は越えていた。仕方ないと思うところもあるけれど、いや、それでもやっぱり、今は身体に負担が大きいので、気をつけよう。

 

おそらく鼻の洞窟の手術の影響もあって(鼻洞窟は額に及ぶので)、あまりに眼のまわりが痛いので、久しぶりに蒸しタオルをあててみたら、とてもきもちがよくて、ソファーに沈んでいくような感覚になった。小さなソファーで、身を沈めるようなソファーでないのにそんな感じがしたのも、なんだかとてもうれしかった。

 

ワイズマンの新作が秋に公開されるとしり、とてもたのしみだ。

 

 

たこちゃんよ 🐙

f:id:pariqua:20210917004257j:plain

写真はある日のリュクサンブール公園にて⛵

 

このまえ、ようやくパスポートの更新手続をしてきた。

もっともちかく渡航予定があるというわけではないけれど、いつでも発てる準備かな。

 

もう4年くらいまえにまえのパスポートの期限は切れていて、さいごにパリへ行ったのはさらにまえの2013年4月の博論審査のときだった。

 

 

帰国してからずっとおでこに皺を寄せて過ごしていたとおもう。自分で自分がどんな顔をしているのかなんて、そのときにはわからなかったなあ。

 

 

 

さいきん、おでこの皺がいつのまにやらずいぶんきえてた。

 

 

 

体調をかんがえて、しばらく夜の(授業用の)レコはやめておきたいとふとおもった。

でもなかなか、そうはいかないけれど。今夜はやめることにした。

鎮痛剤は、のむかなあ。

 

 

 

梅むらのピンクさん

f:id:pariqua:20210916001119j:plain

 

ファスティングするゾなんていいながら、おやつ。

 

「梅むら」というさいきん知ってとてもすきになった中野の和菓子屋さんのすあま。

ポコさんがかってきてくれた。

いつぶりだろう、すあま。

 

こりゃ、ムーミンみたいだな、いや、ちがうな、これは……。

 

 

いろんな雑用がどんどんやってくるけれど、脳の働きがおそい気がする。

全身麻酔を年に2回も受けたり、鎮痛剤をのみすぎたりしたからじゃないかな、とちょっと心配になるけれど、そんな言い訳をしてもどこにも通じないのがシゴトというやつなのかしら。

 

授業の動画も撮りはじめたから、一日はもう休みなしだね(おやつ、たべたりしてるか)。

 

 

今夜も鎮痛剤をのんで寝てしまいそうデス。